卓上型3本ロール式ミル RM型・IR型

卓上型3本ロール式ミル RM型
卓上型3本ロール式ミル RM型
卓上型3本ロール式ミル IR型
卓上型3本ロール式ミル
卓上型3本ロール式ミル
卓上型3本ロール式ミル RM型
卓上型3本ロール式ミル RM型
卓上型3本ロール式ミル IR型
卓上型3本ロール式ミル
卓上型3本ロール式ミル
少量で高粘度のペースト状試料の混合,混練,粉砕及び分散などに使用できる、卓上型の実験用3本ロール式ミルです。
操作は容易で、標準装備のポジションリピータにより、誰が操作しても数字を合わせるだけでロール間隔の再現が可能です。
安全性には特に配慮して,非常停止ボタンスイッチ,安全カバー,ブレーキ機構などを標準装備しております。

価格 (税別)

RM型 (有効ロール長 134mm)

型番 ロール材質 価格
RM-150Ⅲ 焼入れ鋼(S45C) ¥3,442,000
RM-150SⅢ 焼入れ鋼(S45C)+硬質クロームメッキ

¥3,672,000

RMA-150Ⅲ アルミナ ¥3,672,000
RMZ-150Ⅲ ジルコニア

¥4,020,000

IR型(ミニ3本ロール 有効ロール長 100mm)

型番 ロール材質 価格
IR-100Ⅲ 焼入れ鋼(S45C) ¥3,100,000
IR-100AⅢ アルミナ

¥3,100,000

IR-100ZⅢ ジルコニア ¥3,270,000


※上記以外にも、対応可能な材質がございますのでご相談ください。


特徴

様々なロール材質からご使用方法に合わせた選択が可能。

従来機では難しかったロール間隔の調整が、デジタル表示により
『誰が操作しても同じロール間隔を再現』でき、作業の標準化が図れる。

各種安全装置を標準で装備。もちろんさらなる安全のため、安全装置の追加装備も可能。

操作盤を別置きにすることにより、本体の設置場所の自由度が高い。

 

選べる材質例

ロール材質
・ジルコニア
・硬質クロームメッキ
・その他材質もお問い合わせ下さい

アルミナ 各種金属 窒化窒素


ブレード
焼入れ鋼+特殊メッキ
(SiC粒子入ニッケルメッキ)
樹脂(PEEK、ポリケトン)



寄せ板
PTFE(テフロン) 砲金 POM



※その他材質はご相談ください。




常に、誰でも品質を確実に再現できる仕組み

〈従来のロール位置調整方法の課題点〉

油圧+手締式
・熱変化によるオイルの熱膨張があるため、
 押圧が一定ではない。
・処理するペーストによってルール位置が変動

手締式
・作業員の感覚に頼るため、人的バラつきがある。
・技術の伝承が難しく、時間がかかる。

                   ⇩⇩⇩

ポジションリピーターが解決します!

ポジションリピーターとは…

ロール位置をデジタル表示することで、「常に・誰でも同じ位置にロールを調整できる」仕組み。

1. 処理によってロール位置は変動しないので、ロールは常に同じ位置。

2. メカニカルな位置調整によって、再現性を確保。


➡ 人的・構造的要因によるバラつきを防止




標準搭載の安全装置によって、安心・安全にご使用いただけます

非常停止ボタン
オプションにより数量追加可能

手回しハンドル
安全にロール洗浄が可能

安全カバー
開放時は、インターロック作動

ブレーキ機構
非防爆はブレーキモータ搭載(防爆は電子ブレーキ)

※お客様の安全基準に適合する豊富な安全オプションも取り揃えております。
 ・エリアセンサー ・フットスイッチ ・液面センサー ・非常停止ボタン追加 など…


コンパクトな設計で、設置場所を選びません

従来機はサイズが大きく、さらに盤が備え付けのため設置場所が限られていました。
RM-150Ⅲは、操作盤を別置きにすることにより真四角にまとまり、スタイリッシュなデザイン設計で設置場所を選びません。

    
     従来機               新製品(RM-150Ⅲ)



構造

  

3本ロールは、それぞれ低速・中速・高速で回転しており、仕込ロール・中間ロール・仕上げロールと呼ばれます。基本回転比は1:3:9です。
ペーストが仕込みロールと中間ロールの隙間を通ることで圧縮とせん断がされ、均一に粉砕・混錬・分散・脱泡などが行われます。
仕込ロールと中間ロールの間を通ったペーストは、速度の速い仕上ロールに転写されドクターブレードにより掻き取り回収されます。



3本ロール式ミルの使い方

1.ロール間隔を調整

ロールの隙間を、数十μm単位で調整します。シックスネスゲージを使用したり作業者の感覚で行われていることが多いですが、毎回同じ隙間に調整することは大変難しいとされています。

その問題を解決するためRM型、IR型3本ロール式ミルには、ロールの移動量を数値化し、いつでも誰でも同じようにロール隙間調整ができる「ポジションリピーター」を標準装備しています。

2.回転する仕ロールの間からペーストを投入

仕込ロールと中間ロールの間から処理品を投入します。
RM型、IR型3本ロール式ミルには安全カバーが標準で付いており、指を挟む心配なく投入することができます。

ペーストがロールの隙間を通ることで圧縮され、ロールの速度差でせん断力がかかることにより、粉砕・分散・混錬が進みます。

3.回収

ドクターブレードで処理品をかきとり、回収します。

仕様

RM-150Ⅲ IR-100Ⅲ(ミニ3本ロール)
ロール径 φ63.5mm φ38mm
有効面長 134mm 100mm
生産量目安 6L/hr~ 4L/hr~
電源 AC100V AC100V
変速 インバータ インバータ
寸法 a:470 b:470 c:480 a:360 b:410 c:370
重量 70kg 30kg

※寸法・重量は目安です。仕様などにより変更となる場合がございます。
※寸法・重量には、別置きの制御操作盤は含まれておりません。
※型番により、取り付けられるオプションに違いがありますので、詳細はお問い合わせください。



オプション

ロール温度調節機構

ロール内に「冷水/温水」を循環させ、「冷却/加温」が可能です。


※IR-100VⅢ型は対応しておりません。

ポジションリピーター液晶版

通常は、細かいメモリを合わせる必要がありましたが、
全てを数値化することにより、より操作性が向上します。




ポジションリピーター反射板付き

反射板に映すことにより、反対側に立たなくても隙間調整を行うことができます。
鏡ではないので、割れる心配もございません。



サイドシール

寄せ板の消耗が早い方、寄せ板の外側にペーストがあふれてしまう方に最適です。

寄せ板をロールの側面から押えますので、高粘度で寄せ板に噛みこむようなサンプル、
圧を加えたら箔になるようなサンプル(金属に多い)にも対応ができるようになります。

〈サイドシールが有効な例〉
・銀などの展延性のある金属
・固形分が高く粘度のようなペースト
・粉体と液体が分離しやすいペースト




カスタマイズ例

安全に関するオプション

高屋根式全周カバー

投入口を全て覆うことができるカバーです。

フットスイッチ

踏んでいる間のみ、ロールを回転させることができます。

エリアセンサー

視覚性を良くするために安全カバーを取り付けたくないお客様におススメの安全仕様。赤外線カーテンのエリアセンサーによる自動停止機能です。

断液センサー

スラリーがロールからなくなると自動で停止し、空運転を防止します。

非常停止用ロームスイッチ

非常停止ボタンへの距離を気にしなくてもよい、ローム式スイッチです。

小型機専用テーブル

機体本体と制御操作盤、チラーなどをすっきりと置くことが出来ます。

チラー本体収納

設置面積を縮小化するために、チラーを本体内部に内蔵可能です。

防爆対応
ミニ3本ロールのIR-100Ⅲを除き、すべてのモデルで防爆仕様を実装することが可能です。
SUSカバー

安全カバーをパンチ穴式SUSカバーにするとともに、フレーム上部全面にもSUSカバーで保護することが可能です。




※その他、豊富なオプションを取り揃えております。ご要望に応じて、様々な仕様で設計・製作が可能です。
 まずはご相談ください。

TOP