高速振動試料粉砕機 TI型 HEIKO

重力加速度の10倍にも達する振動加速度により2個又は1個の粉砕容器を振動させ、容器内に充填した特殊ロッドの衝撃により短時間で微粉砕します。

価格

¥950,000~(税別)

特長

Tlシリーズは、使いやすさをモットーに設計製作され、乳鉢や各種の粉砕機に代る高能率・高性能の試料粉砕機です。化学分析、とくにX線分析・原子吸光分析などの機器分析に伴う試料調整、その他少量の粉粒体を粉砕する作業の能率を格段と向上できます.本機は重力加速度の10倍にも達する振動加速度により、2個又は1個の粉砕容器を辰動させ、容器内に挿入した特殊ロツドの衝撃により短時間で微粉砕します.またロツドの形状および振動条件については、多<のテスト結果から最適の組合わせを選び、乳鉢で人間が粉砕するという細心の作業を安心して任せられます。
特長
1.粉砕時間が短い
 特殊ロッドを採用、また、大きな衝撃力を最大限に利用しているため、
 粉砕に要する時間ガ短縮でさます。
2.粉砕試料を選ばない
 硬い物質から繊維質類まで、条件に適したロッドを選択することによ
 り、容易に粉砕が可能です。
3.過大粒子ガ生じない
 ロッドの適正重量により、粗い粒子を選択的に粉砕するため、均-な
 粒度が得られます。
4.不純物の混入が少ない
 衝撃作用により粉砕が行れれることや、容器材質の吟味により、粉砕
 時の試料中に混入する不純物は極めて僅少です。
5.二つの試料を同時に粉砕
 試料容器を2個装着できますので、二試料を同時に粉砕できます。
6.運転時の音および振動が少ない
 防音カバーの採用により運転音は極めて静がです。また防振ゴムによ
 り振動も最少限に抑えられています。

仕様

型式

TI-100型

10mL容器×2ケ架

TI-200型

50mL容器×2ケ架

TI-300型

100mL,150mL,200mL,250mL容器×2ケ架

振動回転数 1440rpm/50Hz,1730rpm/60Hz 1430rpm/50Hz,1720rpm/60Hz 1410rpm/50Hz,1700rpm/60Hz
振幅 7mm 8mm 14mm
タイマー 0-60min (デジタル表示)
モーター AC100V 1φ 300W AC100V 1φ 400W AC200V 3φ 750W
機体寸法 580(W)×620(D)×400(H)mm 670(W)×770(D)×480(H)mm 910(W)×945(D)×590(H)mm
重量 70kg 120kg 300kg
容器材質 試料容器 容器形状 ロッド形状 試料容器 容器形状 ロッド形状 試料容器 容器形状 ロッド形状
A B C A B C A B C
1.特殊鋼 10mL×2

H1

50mL×2 H3

100mL×2

150mL×2

200mL×2

250mL×2

F3
F1 F3
2.ステンレススチール

H1

H3
F1 F3
3.硬質ステンレススチール H1 H3
F1 F3
4.タングステンカーバイト H2 H4 F4
F2 F4
5.耐摩耗アルミナ H2 H4
F2 F4
6.ジルコニア F2 F4
7.炭化ケイ素 F2 F4
8.窒化ケイ素 F2 F4
9.耐摩耗樹脂 F2 F4
  1. 各種容器とロッドまたはボールの組み合わせは、◯印より選定してください。
  2. メノー製も製作可能ですのでお問い合わせください。
  3. 周波数をご指定ください。

材質(呼名)
1 SUJ(MC) 6 ZrO2(ZO)
2 SUS304(SUS) 7 SiC(SC) 
3 SUS440C(硬SUS) 8 Si3N4(SN)
4 WC(WC) 9 9PL(PL)
5 AL2O3(AL)

容器形状

  • Hタイプ  真ん中割れ(2分割)タイプで、ロッド使用が便利なため、最も多く利用されている標準容器です。

  

  • Fタイプ ポット深型なため、ロッドはもちろんボール投入も可能です。密閉容器として湿式粉砕にも利用できます。

  

ロッド形状

Aロッド

鉱物、岩石、セラミックス、合金鉄、広範囲の物質に対して優れた粉砕能力を発揮するタイプで、多く利用されている標準ロッドです。

Bロッド

植物の葉、茎、根等の繊維質、またゴムや樹脂類に対して切断作用が働き、粉砕威力を発揮するカッティングロッドです。

Cロッド

効力はAロッドに準じており、 アルミナ、ジルコニア、炭化ケイ素、窒化ケイ素はこの丸タイプを標準ロッドとして採用しております。

ボール

粒子を球状に近くする粉砕作用をもっていますので、粒径が小さくなり、微粉砕としてロッドの組合せにより、効率の良い粉砕が可能です。

TOP