高温用シース熱電対 (1260℃)

高温用シース熱電対
高温用シース熱電対
高温用シース熱電対
高温用シース熱電対
特殊合金を使用した高温用シース熱電対です。
高価な白金系熱電対でしか対応できなかった、1000℃を超える高温環境下でも使用できます
シース外径 φ4.8mmの場合、最高使用温度は1260℃です。

特長

・特殊合金のHOSKINS2300®は、高価な白金系熱電対しか選択肢のなかった1100℃以上の測定環境において、大幅なコストダウンが可能となります。

・1000度を超える環境下において、優れた耐久性と安定性を兼ね備えた製品です。

・1000℃で2000時間の試験でも酸化せず長期使用が可能です。

1250℃、2000時間加熱耐久試験後のシース外観写真

HOSKINS2300®

シース外径φ8.0

左 SC1000H

右 SC1000N

金属シース材の特殊合金を使用しているため高温時、金属表面に強固な酸化被膜が生成し自己防御形合金に進化します。

結果、シース自体の高温酸化及び劣化を軽減させ、更に外部アタック物質の浸透を阻止し、エレメント自体の劣化もセーブされ安定した出力を得ることができます。

高温耐久試験

酸化試験

非加熱時の断面粒界写真 1000℃、2000時間加熱時の断面粒界写真
HOSKINS2300® インコネル600 HOSKINS2300® インコネル600
同条件環境下であれば從來のステンレス系シースやインコネル系シースに比べ、数倍の寿命が期待できます。

仕様

シース外径 φ1.0 φ1.6 φ3.2 φ4.8 φ6.4 φ8.0
最高使用温度 1000℃ 1100℃ 1200℃ 1260℃ 1260℃ 1260℃
(参考)ステンレス 650℃ 650℃ 750℃ 800℃ 800℃ 900℃
許容差 ASTM E230 SP-STD / IEC-JIS1・2

※ヘッド付き・保護管式・耐圧防爆形など様々な形状のシース熱電対を用意しております。

カタログ(pdf) 画像をクリックしてください

TOP